Loading

BLOG

バンドソーの裏技 ~609工房日記④~

こんばんわ609工房です。
木工製作において木を切断して加工するというのはとても当たり前で重要な事ですよね。
しかしこの「木を切る」という行為・所作には細かく掘り下げていくと考えなければいけない事が山ほどあります。切る材の大きさ・厚み・材質・木目に沿って切る「縦挽き」か・木目に逆らって切る「横挽き」か・切断面は直線か曲線か等々。

それによって様々な道具を使い分けるのですが、609工房で良く使っている「バンドソー」という機械

これはアメリカのジェットというメーカーのものです。バンドソーは幾つか触って見たんですが、このジェット社製が私は一番好きですね。

ちなみにKregのバンドソーフェンスも揃えました。フェンスの動きが軽くドリフト調整もしやすいのでとても気に入ってます。

さて、写真の様に曲線をカットしたい場合は細い刃を使うんですが、それでも刃の後ろ側(矢印の部分)が干渉して上手く行かない事がありませんか?

こんな時に役立つ裏側を一つ

この様にヤスリを当てて後ろ側を削ってしまいます(やり過ぎ注意)

そうすると角が取れて曲面での引っ掛かりが無くスイ~っと切れるんです。

スイ~ッ!

他にも色々紹介したいことがありますが長くなったので今日はこの辺で、ではまた

609工房でした。

ボンドのお話 ~609工房日記③~

バターミルクペイントとは ~609工房日記⑤~

関連記事

  1. テンセグリティ構造 ~609工房日記⑧~

    2020.09.06
  2. アイアンとロートアイアン

    2020.10.05
  3. ブルックリンスタイルとは ~609工房日記⑱~

    2020.09.18
  4. ファルカタとは ~609工房日記⑬~

    2020.09.10
  5. エイジング塗装とは ~609工房日記⑩~

    2020.09.07
  6. ドリルの刃 ~609工房日記⑭~

    2020.09.11

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP