Loading

BLOG

スタビライズドウッドとは ~609工房日記①~

こんにちは609工房です。皆様は「スタビライズドウッド」というものをご存じでしょうか?

綺麗で不思議な色合いですよね。もちろん自然にある色では無く着色してるのですが、

普通木材の表面に着色してコーティングしても長年使っていればすこしづつ塗装は剥げてしまいます。

それに対してスタビライズドウッドの凄いところは、色を表面に塗っている訳ではなく、どの部分でカットしても中がこの色で染まっているということ

強度も普通の木材より高いということです。その秘密は染料で染めた樹脂を木の中まで浸透させているからです。

これはアイデア次第で様々なDIY、木工工作に使えそう。ペンやナイフの柄、ジッポ、家具やギター等にも使われているみたいですね。もの作り好きな私としては是非使ってみたい素材ですが、日本ではあまり普及してないそうです。

それならば、ということで…この「スタビライズドウッド」を自分で作ればいいのでは?と思い立った次第です。

しかし使う木は?着色方法は?必要な道具は?分からない事だらけですね(^^; 焦らずぼちぼち調べて行こうと思います。それでは今日はこの辺で。

609工房のつぶやきでした。

ウィンザーチェアとは ~609工房日記②~

関連記事

  1. シーラーについて~609工房日記⑨~

    2020.09.06
  2. スタビライズドウッドその3 ~609工房日記⑫~

    2020.09.09
  3. ファルカタとは ~609工房日記⑬~

    2020.09.10
  4. ブルックリンスタイルとは ~609工房日記⑱~

    2020.09.18
  5. ボンドのお話 ~609工房日記③~

    2020.08.28
  6. 染料と顔料の違い ~609工房日記⑲~

    2020.09.21

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP