Loading

BLOG

色んな樹脂 ~609工房日記⑥~

こんばんわ609工房です。
今日は樹脂の種類についてのお話です。木工に関わる製作物で材料として樹脂が必要な以下の3つ

①スタビライズドウッド
②リバーテーブル
③レジンアクセサリー

他にも色々ありますが609工房が近々作ろうと画策しているものです。どうやら調べてみるとこの3つともそれぞれ違う樹脂が必要になってくる様です。

①スタビライズドウッド製作に必要なのは「カクタスジュース」別名サボテンジュースとも言われます。
・用途は木材安定化
・90度~105度くらいの熱に反応して硬化。
・硬化時間は1時間程。
・専用のアクティベーターという硬化剤を混ぜてから使用。
・アクティベート後は12ヶ月間で使用出来なくなる。

②リバーテーブルにも専用の樹脂、エポキシ樹脂があります。

エポキシ樹脂

主剤と硬化剤の2液混合性で混合によって硬化がはじまる
硬くなるまで時間がかかる(ものによって1〜2日
硬化に時間がかかるため硬化熱がでにくい
混合比率が決まっており、ちゃんと計量しないと硬化しない
気泡を含みやすいものが多い
水のように粘度がひくく、型がないと形にならない
別名クリスタルレジン等

写真

③レジンアクセサリー用
UVレジン

1液性で特定の光波長(UV=紫外線、LED)を当てると硬化がはじまる
硬化が早い(塗膜の厚さによって異なるが1〜2分)
硬化熱がでやすい
1液性なので混合の手間がない(計量ミスによる硬化不良がない)
気泡が出にくいように改良されたものが多い
粘度が高いので軽い盛り上げ程度は可能

LEDで硬化するものもUVレジンと呼ばれている事があります。

この様に用途によって全然違うので、購入前には良く調べた方が良いですね。詳しくはまた後日書いてみたいと思います。

それではまた
609工房でした。

バターミルクペイントとは ~609工房日記⑤~

スタビライズドウッドその2 ~609工房日記⑦~

関連記事

  1. 別珍とベルベットの違い ~609工房日記⑰~

    2020.09.16
  2. テンセグリティ構造 ~609工房日記⑧~

    2020.09.06
  3. バンドソーの裏技 ~609工房日記④~

    2020.08.29
  4. 世界三大銘木 ~609工房日記⑮~

    2020.09.13
  5. ブルックリンスタイルとは ~609工房日記⑱~

    2020.09.18
  6. ドリルの刃 ~609工房日記⑭~

    2020.09.11

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP